sometimes

旅・グルメなどの記録

アート

金沢21世紀美術館 開館15周年記念 現在地:未来の地図を描くために[1][2]

公式HP 金沢で時間があったので、21世紀美術館に行ってきました。週末は必ず大行列です。チケットはコンビニでも買えますよ。兼六園の前、香林坊の徒歩圏内、SANAAの素敵なガラス張りの丸い建物ということで、ものすごい沢山の観光客の方々が訪れています。…

話しているのは誰? 現代美術に潜む文学@国立新美術館

www.nact.jp 森美術館から美術館のはしごで行きました。森美術館のチケットを提示すると割引料金で入れます。 庭に「吉岡徳仁 ガラスの茶室 - 光庵」がありました。以前京都の将軍塚青龍殿で見たなあ。 展覧会概要国内外で活躍する日本の現代美術家6名による…

細野観光1969 – 2019@六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー・スカイギャラリー

tcv.roppongihills.com 森美術館の1F下の東京シティビューで行われていた、細野観光1969 – 2019も見てきました。塩田千春展と同じチケットで入れます。 私は細野さんの熱狂的なファンか?と言われればそうではありませんが、国内の音楽に与えたとてつもない…

塩田千春展:魂がふるえる@森美術館(六本木ヒルズ)

www.mori.art.museum ※この美術展は終了しています。 塩田千春展は7月に森美術館まで行きましたが、1時間待ちの大行列!そのときは塩田さんに関心のない家族も同行していたので、待たせるのも申し訳なく、今回は一人で行ってきました。台風の影響で北陸新幹…

富山県美術館「日本の美 美術×デザイン」 -琳派、浮世絵版画から現代へ-

tad-toyama.jp 日本美術の大きな特徴のひとつに装飾性があります。琳派の流れは、自然の豊かさをモチーフとし、きらめく金銀の「かざりの美」と洗練されたデザイン性により、絵画・工芸のジャンルを越えて人々に愛されてきました。また、江戸時代に人々を魅…

チームラボ 永遠の海に浮かぶ無常の花@金沢21世紀美術館 名和晃平ほか

21世紀美術館は度々訪れていますが、記事にするのは初めてです。週末はいつも観光客が大行列なため、よっぽど好きな作家のときしか行かなくなりました。美術館主催の企画展はコンビニで事前にチケットを買えば並ばなくていいですよ。www.teamlab.art 人気の…

谷口吉郎・吉生記念 金沢建築館@石川県金沢市

www.kanazawa-museum.jp 7月26日に開館したばかりの谷口吉郎・吉生記念 金沢建築館に行ってきました。 金沢建築館は、建築・都市についてのミュージアムです。金沢の名誉市民第一号の建築家 谷口吉郎氏の住まい跡地に、吉郎氏の長男で、国際的に著名な建築家…

富山県美術館「チェコ・デザイン 100年の旅」

tad-toyama.jp チェコ国立プラハ工芸美術館の企画により、同館の所蔵作品を中心に、19世紀末から現代までのチェコのデザインを紹介します。この約100年間のチェコでは、アール・ヌーヴォーの旗手として知られる画家アルフォンス・ミュシャをはじめ、キュビス…

富山県美術館「わたしはどこにいる? 道標(サイン)をめぐるアートとデザイン」

富山県美術館 | Toyama Prefectural Museum of Art and Design tad-toyama.jp 「サイン」とは、人を目的地に導く目印のこと。普段意識することは少なくても、駅や空港、商業施設、美術館などのあらゆる場所に、標識や案内板、矢印やピクトグラムといったさま…

高松市美術館・イサムノグチ庭園美術館@香川県高松市

芸術祭以外に高松で訪れたスポットです。 高松市美術館 高松市美術館公式サイト 高松市美術館に行ってみました。駅からバスで10分くらいです。撮影可能な映えな作品がたくさんありました。 田中敦子『電気服』(手前の作品) 鬼頭健吾『untitled(hula-hoop)…

瀬戸内国際芸術祭2019 小豆島 オフィシャルツアー

setouchi-artfest.jp 何年間も行きたいなあと思い続けて、なかなか行けなかった瀬戸内国際芸術祭についに行ってきました。瀬戸内国際芸術祭はメインは直島や豊島なのですが、日程の関係などで小豆島になりました。直島や豊島はまたいつか行こうということで…

松本民芸館@長野県松本市

松本民芸館 松本民芸館は、故丸山太郎氏が「民芸をみるたしかな目」で優れた民芸品を蒐集され、昭和37年(1962)に独力で創館しました。「無名の職人たちの手仕事で日常品」であるものに美をみる民芸の心が、丸山の「美しいものが美しい」という書によく表れ…

クリスチャン・ボルタンスキー - Lifetime@国立国際美術館(大阪)

www.nmao.go.jp 急に大阪に用事ができたので、ボルタンスキー展に行ってきました。こちらの過去記事でチェックはしていましたが、まさか行けるとは思ってなかったのでうれしいです。 www.minimal1991.com 国立国際美術館は2回目か3回目かな?アンドレアス・…

木藤純子「Winter_Bloomーふゆにさくはな」@下山芸術の森発電所美術館(富山県入善町)

下山芸術の森発電所美術館|入善町 先日、自分の記事でも紹介致しました、入善町の発電所美術館に行ってきました。 www.minimal1991.com こちらの企画展を見に行きました。(こちらの美術館は企画展のみです) 木藤純子「Winter_Bloomーふゆにさくはな」|入…

TADアート・レクチャー:「わからないから始まる美術鑑賞」@富山県美術館

tad-toyama.jp 美術ブロガーTakさんの講演会に行ってきました。 青い日記帳 (Takさんのブログ) 中村 剛士(Tak〈タケ〉)(美術ブロガー )1968年生まれ。Takの愛称でブログ「青い日記帳」を主宰する有名ブロガー。展覧会レビューをはじめ、幅広いアート情…

大塚国際美術館の思い出

システィーナ礼拝堂の再現 大塚国際美術館|徳島県鳴門市にある陶板名画美術館 皆さんご存知の通り、昨年の紅白で米津玄師さんが大塚国際美術館から中継をしました。大塚国際美術館にはこのブログを始める前の、2016年に訪れています。キャンドルの演出が幻想…

富山県内のおすすめ美術館(穴場)

富山で美術館と言えば、現在は富山県美術館や富山市ガラス美術館が人気です。 富山県美術館 富山県美術館 | Toyama Prefectural Museum of Art and Design www.minimal1991.com 2017年に富山県立近代美術館の移転建て替えとしてオープンしたまだ新しい美術館…

2019年行きたい展覧会

あけましておめでとうございます。拙いブログですが、本年もよろしくお願いいたします。 早速ですが、今年行きたい美術展のメモです。もっと大規模な展覧会や目玉アーティストの展覧会もあるでしょうが、個人的な趣味での覚書です。 塩田千春展:魂がふるえ…

驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ@富山県水墨美術館(富山県富山市)

secure.tulip-tv.co.jp 富山県水墨美術館 こちらの展覧会は昨年に東京の三井記念美術館で催されていたもので、1年以上首を長くして待っていました。時間はとてもかかりましたが、富山に巡回してもらえるだけでもありがたいですね。伊集院さんがラジオで語っ…

セゾン現代美術館

セゾン現代美術館(公式HP) 軽井沢にもたくさん美術館がありますが、今回はセゾン現代美術館に行ってみました。赤錆の門や橋もあり、めちゃめちゃ好みです。 入口も素敵です。とにかくお庭が広く、彫刻作品が点在していてゆっくりお散歩するのにいいところ…

大地の芸術祭2018 里山アートどうぶつ園(川西地区)裏側の物語・Repetitive objects(十日町地区)その6 まとめ

その5はこちら minimal1991.hatenadiary.com 暑さで疲れながらもナカゴグリーンパークという公園へ。こちらでは里山アートどうぶつ園といういろいろな作家による動物をテーマにした作品が点在しています。 サイケなきのこ動物たち。なぞの脱力かわいい生物。…

大地の芸術祭2018 越後妻有里山現代美術館キナーレ(十日町地区) その5

その4はこちら minimal1991.hatenadiary.com 朝に温泉にはいったり、暑い日だったりで午前中のうちから疲れてしまいましたが、なんとか中心施設のキナーレへ。目玉作品のレアンドロ・エルリッヒ「Palimpsest: 空の池」です。 水面に建物が映っているように見…

大地の芸術祭2018 ブラックシンボル・雪の家・Lost Winter(松之山地区) その4

その3はこちら minimal1991.hatenadiary.com 宿をチェックアウトし、すぐ近くにあるサンティアゴ・シエラ「ブラックシンボル」へ。近くで見るとすごーく大きいですよ。 次は雪アート・新潟ユニット「雪世界」へ。新潟在住の作家さん達の作品だそうです。古民…

大地の芸術祭2018 ペリスコープ/ライトケーブ(中里地区)ワープクラウド(津南地区) その3

その2はこちら minimal1991.hatenadiary.com 今回の新作の目玉がマ・ヤンソン/MAD アーキテクツ「ペリスコープ/ライトケーブ」です。混雑しており、そこへ向かうのに渋滞がひどいとの情報もありました。今回の芸術祭後も残るそうなので、今回はやめようかな…

大地の芸術祭2018 影向(ようごう)の家・黄金の遊戯場・SF (Summer Fiction)(松代地区) その2

その1はこちら minimal1991.hatenadiary.com まつだい農舞台を出発して、大巻伸嗣「影向(ようごう)の家」へ。こちらは前回の芸術祭のとき、大行列で泣く泣く諦めたところです。今回は待ち時間なくはいれました。 古民家をまるまる使った展示です、ネタバレ…

大地の芸術祭2018 まつだい農舞台 その1

大地の芸術祭に行ってきました。 「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」は、過疎高齢化の進む日本有数の豪雪地・越後妻有(新潟県十日町市、津南町)を舞台に、2000年から3年に1度開催されている世界最大級の国際芸術祭です。 あの瀬戸内国際芸術祭…

京都旅行 その5 重森三玲庭園美術館

その4はこちら minimal1991.hatenadiary.com 重森三玲の旧宅書院・庭園(重森三玲庭園美術館) 以前より行きたいと思っていた重森三玲庭園美術館に行ってきました。 美術館といっても、絵が飾ってあるわけではなく、庭園家の重森三玲の自邸と庭園を見学する…

富山県美術館「デザインあ展」

※<追記>会期が終わりましたので、写真を増やしました。 www.design-ah-exhibition.jp 以前から楽しみにしていた「デザインあ展」に行ってきました。「デザインあ」とはEテレの子供向け番組なのですが、おしゃれな映像と音楽でデザイン好きな大人のほうが喜…

東京一人旅 その4 国立近代美術館 没後40年 熊谷守一 生きるよろこび

馬喰横山駅から新宿線で九段下、東西線に乗り換えて、竹橋へ。国立近代美術館にやってきました。 本館の建築は谷口吉郎氏の設計によるもので、長年にわたり多くの方々に親しまれてきましたが、築30年を機に坂倉建築研究所の設計により、大規模な増改築が施さ…

東京一人旅 その1 東京オペラシティ アートギャラリー

どうしても見たい舞台があり、東京へ一泊で出かけてきました。 高速バスと悩みましたが、冬で雪が心配なこともあり、新幹線にしました。少しでも安く買いたいということで、えきねっとで予約、購入しました。時期によって違うようですが、10%程度安く買えま…