sometimes

旅・グルメなどの記録

芸術祭

北アルプス国際芸術祭2020-2021 その7(市街地エリア)・まとめ

2日目 www.minimal1991.com 2日目 7番 地村洋平[日本] 「Water Trip」(市街地エリア) 14番 コタケマン[日本]「Newま、生ケルノ山」(市街地エリア) まとめ ネタバレになりますので、ご注意ください。 7番 地村洋平[日本] 「Water Trip」(市街地エリア) …

北アルプス国際芸術祭2020-2021 その6(市街地エリア)

2日目 www.minimal1991.com 2日目 1番 ジミー・リャオ(幾米)[台湾] 「私は大町で一冊の本に出逢った」(市街地エリア) 6番 淺井裕介[日本] 「すべては美しく繋がり還る」(市街地エリア) 4番 ニコラ・ダロ[フランス]「クリスタルハウス」(市街地エリア…

北アルプス国際芸術祭2020-2021 その5(市街地エリア)

2日目 www.minimal1991.com 2日目 9番 原倫太郎+原游[日本]「ウォーターランド~小さな大町~」(市街地エリア) 10番 渡邊のり子[日本]「今日までの大町の話」(市街地エリア) 12番 ポウラ・ニチョ・クメズ[グアテマラ]「自然の美しさと調和」(市街地エ…

北アルプス国際芸術祭2020-2021 その4(源流エリア・ダムエリア)

2日目 2日目 20番 松本秋則[日本] 「アキノリウム in OMACHI」(源流エリア) 16番 トム・ミュラー[スイス / オーストラリア] 「源泉〈 岩、川、起源、水、全長、緊張、間 〉」(ダムエリア) 17番 磯辺行久[日本] 「不確かな風向」(ダムエリア) www.minim…

北アルプス国際芸術祭2020-2021 その3(源流エリア・東山エリア)

2日目 www.minimal1991.com 2日目 22番 エマ・マリグ[チリ / フランス] 「シェルター -山小屋-」(源流エリア) 23番 マナル・アルドワイヤン[サウジアラビア] 「私を照らす」(源流エリア) 37番 エカテリーナ・ムロムツェワ[ロシア] 「全てもって、ゆく」…

北アルプス国際芸術祭2020-2021 その2(東山エリア)

1日目 www.minimal1991.com ネタバレあります。ご注意ください。 1日目 30番 青島左門[日本] 「いのちの記憶」(東山エリア) 29番 持田敦子[日本] 「衝突(あるいは裂け目)」(東山エリア) 30番 青島左門[日本] 「いのちの記憶」(東山エリア) 屋内ゲー…

北アルプス国際芸術祭2020-2021 その1(仁科三湖エリア)

shinano-omachi.jp 奥能登国際芸術祭に続き、北アルプス国際芸術祭に行ってきました。 北アルプス国際芸術祭は前回が初回で2017年に始まりました。2回目は本来は昨年行うはずでしたが、コロナ禍で今年に変更になりました。会期は11月21日までです。 前回2017…

奥能登国際芸術祭2020+ その5(宝立エリア)まとめ

www.minimal1991.com 2日目 38番 佐藤貢『網の小屋』(宝立エリア) 39番 ディラン・カク『』(宝立エリア) 41番 サイモン・スターリング『軌間』(宝立エリア) まとめ 2日目 38番 佐藤貢『網の小屋』(宝立エリア) 定置網で倉庫をまるごと包んだ作品。定…

奥能登国際芸術祭2020+ その4(飯田エリア)

www.minimal1991.com 2日目 29番 今尾拓真『work with #8 (旧珠洲市立中央図書館空調設備)』(飯田エリア) 31番 中谷ミチコ『すくう、すくう、すくう』(飯田エリア) 30番 金沢美術工芸大学アートプロジェクトチーム[スズプロ]『いのりを漕ぐ』(飯田エ…

奥能登国際芸術祭2020+ その3(蛸島・三崎エリア)

こちらの記事からの続きです。 www.minimal1991.com 2日目 18番 トビアス・レーベルガー『Something Else is Possible/なにか他にできる』(蛸島エリア) 17番 田中信行『連続する生命 』(蛸島エリア) 10番 カールステン・ニコライ『Autonomo』『図書室:…

奥能登国際芸術祭2020+ その2(大谷・直・正院エリア)

こちらの記事からの続きです。 www.minimal1991.com 2日目 3番 キムスージャ『<息づかい:珠洲>2021』(大谷エリア) 4番 スボード・グプタ『私のこと考えて』(大谷エリア) 27番 村上慧『移住生活の交易場』(直エリア) 22番 盛圭太『海図』(正院エリ…

奥能登国際芸術祭2020+ その1(大谷・若山エリア)

oku-noto.jp 奥能登国際芸術祭は前回が初回で2017年に始まりました。2回目は本来は昨年行うはずでしたが、コロナ禍で今年9月4日からに変更になりました。さらに石川県のまん延防止等重点措置に対応して、9月中は屋内展示がほとんど中止されており、10月から…

越後妻有里山現代美術館 MonET(モネ)「今年の越後妻有」7月22日-10月31日【大地の芸術祭】

こちらの記事からの続きです。 www.minimal1991.com こちらの美術館は以前キナーレという名前でしたが、モネに変わったようです。モマみたいですね。こちらにも新作があります。 目「movements」 時計の針をムクドリの群れのように吊り下げた作品です。動い…

クリスチャン・ボルタンスキー+ジャン・カルマン「最後の教室」【大地の芸術祭】

こちらの記事からの続きです。 www.minimal1991.com 2012年の大地の芸術祭で初めてクリスチャン・ボルタンスキー+ジャン・カルマンの「最後の教室」を見ました。当時は現代美術のことはさっぱり分からず、ただ怖い、不気味としか思いませんでしたが、強烈な…

まつだい「農舞台」フィールドミュージアム「今年の越後妻有」7月22日-10月31日【大地の芸術祭】

www.echigo-tsumari.jp 「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2021」は当初7月25日から行われる予定でしたが、コロナ禍で来年夏への延期が決まっています。大規模な芸術祭ではないですが、「今年の越後妻有」というタイトルで何点か新作が7月22日か…

瀬戸内国際芸術祭2019 小豆島 オフィシャルツアー

setouchi-artfest.jp 何年間も行きたいなあと思い続けて、なかなか行けなかった瀬戸内国際芸術祭についに行ってきました。瀬戸内国際芸術祭はメインは直島や豊島なのですが、日程の関係などで小豆島になりました。直島や豊島はまたいつか行こうということで…

大地の芸術祭2018 里山アートどうぶつ園(川西地区)裏側の物語・Repetitive objects(十日町地区)その6 まとめ

その5はこちら minimal1991.hatenadiary.com 暑さで疲れながらもナカゴグリーンパークという公園へ。こちらでは里山アートどうぶつ園といういろいろな作家による動物をテーマにした作品が点在しています。 サイケなきのこ動物たち。なぞの脱力かわいい生物。…

大地の芸術祭2018 越後妻有里山現代美術館キナーレ(十日町地区) その5

その4はこちら minimal1991.hatenadiary.com 朝に温泉にはいったり、暑い日だったりで午前中のうちから疲れてしまいましたが、なんとか中心施設のキナーレへ。目玉作品のレアンドロ・エルリッヒ「Palimpsest: 空の池」です。 水面に建物が映っているように見…

大地の芸術祭2018 ブラックシンボル・雪の家・Lost Winter(松之山地区) その4

その3はこちら minimal1991.hatenadiary.com 宿をチェックアウトし、すぐ近くにあるサンティアゴ・シエラ「ブラックシンボル」へ。近くで見るとすごーく大きいですよ。 次は雪アート・新潟ユニット「雪世界」へ。新潟在住の作家さん達の作品だそうです。古民…

大地の芸術祭2018 ペリスコープ/ライトケーブ(中里地区)ワープクラウド(津南地区) その3

その2はこちら minimal1991.hatenadiary.com 今回の新作の目玉がマ・ヤンソン/MAD アーキテクツ「ペリスコープ/ライトケーブ」です。混雑しており、そこへ向かうのに渋滞がひどいとの情報もありました。今回の芸術祭後も残るそうなので、今回はやめようかな…

大地の芸術祭2018 影向(ようごう)の家・黄金の遊戯場・SF (Summer Fiction)(松代地区) その2

その1はこちら minimal1991.hatenadiary.com まつだい農舞台を出発して、大巻伸嗣「影向(ようごう)の家」へ。こちらは前回の芸術祭のとき、大行列で泣く泣く諦めたところです。今回は待ち時間なくはいれました。 古民家をまるまる使った展示です、ネタバレ…

大地の芸術祭2018 まつだい農舞台 その1

大地の芸術祭に行ってきました。 「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」は、過疎高齢化の進む日本有数の豪雪地・越後妻有(新潟県十日町市、津南町)を舞台に、2000年から3年に1度開催されている世界最大級の国際芸術祭です。 あの瀬戸内国際芸術祭…

北アルプス国際芸術祭 2017年6月

shinano-omachi.jp (ブログを始める前に行ったスポットです。公開時と時期がずれていること、写真が少ないことなどご了承ください) 北アルプス国際芸術祭は今年初めて行われた芸術祭で、長野県大町市が舞台です。パスポートは2,500円で全ての作品を見るこ…

奥能登国際芸術祭2017 その5 まとめ

その4はこちらminimal1991.hatenadiary.com 1日のみ、朝9時半頃から16時半頃まででしたが、18か所程度見てまわることができました。自家用車使用です。屋外作品は車の中から見るだけですませたものもありました。 事前にガイドブックを買って、見たい作品に…

奥能登国際芸術祭2017 その4

その3はこちら minimal1991.hatenadiary.com 29 眞壁陸二|青い舟小屋 サザエハウスと同じく海沿いの船小屋を舞台にした展示。いろいろな青で装飾されています。小屋の中からピクチャーウインドウのように海が見えます。 30 ラックス・メディア・コレクティ…

奥能登国際芸術祭2017 その3

その2はこちらminimal1991.hatenadiary.com 次に飯田地区へ。こちらにはたくさんの作品が集中しており、駐車場に停めて歩いて回ります。 28 EAT&ART TARO|さいはてのキャバレー準備中 廃レストラン?を舞台にキャバレーを再現。実際に中でお茶やお酒が頂け…

奥能登国際芸術祭2017 その2

その1はこちら minimal1991.hatenadiary.com このあと、2番村尾かずこ|サザエハウスと4番よしだぎょうこ+KINOURA MEETING|海上のさいはて茶屋に立ち寄りました。4番の奥の5番に行くのを忘れてた・・・ 次に禄剛崎灯台へ。とってもしんどい坂道を上りました…

奥能登国際芸術祭2017年9月 その1

奥能登国際芸術祭に行ってきました。 国内でいろいろな芸術祭が行われていますが、奥能登国際芸術祭は今回が初めてのようです。 この芸術祭の舞台である珠洲市へは金沢から車や高速バスで約2時間半から3時間、富山からも約2時間半かかります。隣の県なのに遠…