sometimes

旅などの記録

廻転 とやま鮨 富山きときと空港店@富山県富山市


廻転 とやま鮨

富山空港の中にあるお寿司屋さんです。「廻転」と名前についていて、レーンもありますが、全くお寿司は回っていません(笑)みなさん普通に注文します。

県内の日本酒がたくさん揃っていました。もちろんビールもあります。お茶は卓上で自分で用意するタイプです。

のどぐろ骨せんべい

よく揚げられていて全部バリバリと食べられました。他にもおつまみや一品料理はいろいろありました。お造りもできるようです。

特上握り10貫  2,980円

まず10貫のうち、6貫がきました。とーってもおいしそうなお寿司なんですが、私の写真が下手すぎて伝わりません、ごめんなさい。やっぱりお寿司を撮るのは難しいですね。奥からネタをご紹介します。

紅ズワイガニ(新湊)

山ほどカニがのっていて、さらに上にほぐしたカニがのっています。絶対に一口で食べられません。口の中がカニだらけで幸せです。

柳ばちめ(氷見)

白身ですっごい歯ごたえがありぷりぷりでした。

のどぐろ炙り(黒部)

近年、なぜか急に人気になったのどぐろです。塩こうじがのせてあります。脂がのってますが、炙ってあるので食べやすくおいしかったです。

本マグロ大トロ

こちらも脂がのっておいしかったです。

西ばい貝(黒部)

分厚くて歯ごたえがあっておいしかったです。ばい貝って県内でも生臭いときがあるんですが、こちらのは全く生臭みがありませんでした。

大汐(氷見)

ヒラマサの大きいものだそうです。

カニ以外は煮切り醤油がぬってあって、そのまま食べられます。県内のネタについてはちゃんとどこの港からのものかまで書いてあります。

10貫セットについてくるお吸い物です。出汁がとってもおいしかったです。

7貫目 煮あなごの炙り

柔らかくておいしかったです。大きくて一口で食べられません。

白エビ(新湊)、いくらの昆布締め、カニ味噌

(写真は3人分です)海苔のかわりに昆布なのが富山っぽいですね。いくらは昆布締めだそうです。

本当に写真が下手で申し訳ないんですが、とってもおいしかったです。どれもネタが大きくて新鮮でした。もちろん単品でも頼めますが、この10貫セットはとってもおすすめです。空港を利用される県外の方々に食べてもらっても満足していただけるはずです。

新幹線開通後にできたお店だと思うのですが、どんどん新しいお店ができたり、回転寿司のレベルも上がっていて、これからも楽しみですね。富山湾のネタはいいはずなので、技術やサービスも伴ったお寿司屋さんがもっと増えてほしいです。

 

 

 

www.minimal1991.com

 

 

www.minimal1991.com

 

 

www.minimal1991.com

 

 

www.minimal1991.com

 

 

www.minimal1991.com

 

 

www.minimal1991.com

 

 

www.minimal1991.com

 

 

www.minimal1991.com

 

 

www.minimal1991.com