sometimes

旅・グルメなどの記録

茶寮 和香@富山県高岡市(和食)


数年前からオープンされていたようですが、最近知って気になっていたので行ってみました。

茶寮 和香(にこか) (高岡/日本料理) - Retty

お店は高岡の古い街並みの金屋町にあります。こちらのお店も古民家をリノベしたような素敵なお店でした。最近いろいろなお店が増えているエリアのようですね。カウンターとテーブル席2ヵ所の小ぢんまりしたお店です。ランチは3,000円、ディナーは8,000円です。(税別)今回はディナーをいただきました。

ドリンクは日本酒が高岡の勝駒など数種類、ビールは金屋エールという地元のクラフトビールが生でありました。ワインはセイズファームでボトルのみだそうです。

 

先付け ほたるいか、筍、すだちジュレ

今年は不漁で値段も高いのでまだ食べていなかったほたるいかです。今シーズン初めて食べました。筍もはいっていて春らしいです。

 

お造り 平目、メジマグロ、鰆、太刀魚

太刀魚のお刺身は普段あまり食べませんが、おいしかったです。

 

はちめ餡かけ

揚げたはちめに熱々のお出汁の餡がかかっています。こごみもはいってます。

 

八寸 しろなお浸し、菜の花とたこ黄身酢かけ、地元のトマト、クリームチーズ味噌漬け、真子の煮付け、山菜の天ぷら、ふきのとうの天ぷら、フグから揚げ、サツマイモの天ぷら、筍の木の芽和え

手の込んだたくさんのお料理が美しく、見ているだけでときめきます。山菜(のかんぞう)の天ぷらはさっくさく。ふきのとうもちょっと苦くておいしいです。お酒にあわせてじっくりゆっくり楽しんで食べたいですね。

 

氷見牛と春野菜の小鍋

ぐつぐつ煮込まれてやってきました。他のお店でも食べたことがありますが、和食では定番のお料理なんでしょうか。とっても熱いですが、お野菜はシャキシャキの歯ざわりが残っていておいしいです。氷見牛は薄切りではなく、厚みのあるお肉がはいっていました。しっかり火は通っていますが、柔らかかったです。

 

地元産コシヒカリ、新湊の鱒の幽庵焼き、白菜のグリル、香の物、お味噌汁

グループごとに土鍋でコシヒカリを炊いていただけます。固めです。こだわりでそのように炊いているそうです。一つ一つのお米の粒がはっきり見えます。もちろん芯は残っておらず、おいしかったです。最後のご飯のときにお漬物以外にご飯のお供がでてくるとすごいうれしいですね。鱒もしっとりしてとてもおいしかったです。

おかわりして今度はおこげたっぷりです。おせんべいのようにバリバリ食べます。

私の炊くご飯は結構柔らかめなので、今度は固めに炊いてみようかな。

 

黒糖プリン

ブラマンジェのような濃厚なお味でおいしかったです。

 

どのお料理も見た目も器もきれいで、おいしかったです。春を感じる山菜などが多くうれしかったです。地元の高岡市の食材を多く使っているようでした。今回はちょっとお祝いごとをかねていたので、ディナーをいただきましたが、ランチはリーズナブルなようなので、ランチにも行ってみたいですね。男性でお酒を飲まないとちょっと量は少ないかも?