sometimes

旅・グルメなどの記録

ホテル ザ セレスティン東京芝 宿泊記


【公式】ホテル ザ セレスティン東京芝 - 田町・芝公園周辺の宿泊をご紹介

東京で宿泊することがあり、以前から泊まってみたいと思っていた「ホテル ザ セレスティン東京芝」に泊まることができました。

高級ホテル以下ビジネスホテル以上という感じでしょうか。三井不動産の系列のようです。場所は三田線の芝公園と三田の間です。周りに遊ぶところは少なく静かなところです。品川までタクシーだと15分ぐらいです。

f:id:minimal1991:20190717103529j:plain
f:id:minimal1991:20190717103522j:plain

1Fにはフロント、ラウンジ、レストランがあります。レストランはフレンチが1軒のみです。客室は14F~17Fにあります。

お部屋 セレスティンコーナーツイン

予約したお部屋はセレスティンコーナーツインという眺望が売りのお部屋です。

f:id:minimal1991:20190717110120j:plain
f:id:minimal1991:20190717110506j:plain

天気が悪く景色はすっきりとは見えませんでした。

フロアのそれぞれの角にあるお部屋なので、景色がどの向きになるか変わりますね。東京タワーがなんとか見られるお部屋でよかったです。

カーテンを全開にすると、こちらももちろん丸見えなのですが、田舎者なので景色を見るのが楽しくずっと眺めていました。テレビは一回も見なかったですね。むしろ邪魔でした。

 ブラインドを開けるとバスルームです。

f:id:minimal1991:20190716134414j:plain
f:id:minimal1991:20190716134537j:plain

洗面所兼脱衣所です。シャンプー、リンスなどはロクシタンです。ロクシタンのバスキューブもあり、それと別にバスソルトもありました。スキンケアはオムニサンスです。こちらは女性のみのようです。今どきスキンケアに男性女性は関係ないような気もするんですが、不満の声をあげる男性はいないのでしょうか??

f:id:minimal1991:20190717103458j:plain
f:id:minimal1991:20190717103452j:plain

狭くて写真を撮りにくいのですが、バスタブと洗い場がセパレートのタイプです。バスタブの中に段差があって、腰掛けられるようになっており、ゆっくり半身浴などもできそうです。シャワーも上からも横からもでるタイプです。

f:id:minimal1991:20190717103425j:plain
f:id:minimal1991:20190717103404j:plain

お部屋のミニバーやスナック類は有料です。ミネラルウォーター、ドリップコーヒー、煎茶のティーバックなどが用意されています。それと別にカプセルタイプのコーヒーマシーンもありました。

f:id:minimal1991:20190719111308j:plain
f:id:minimal1991:20190719111129j:plain

地味にうれしいのが、スマホの充電器。右は棚の下で埃をかぶっていたかわいそうなJBLのスピーカーです。iPhoneを直接差すタイプです。Bluetoothでないと使いにくいですもんね。あまり使われていないんでしょう。でもいい音でしたよ。

f:id:minimal1991:20190716134617j:plain

カーテンはリモコンで電動で開けます。

ゲストラウンジ・パティオ

14Fにラウンジがあります。宿泊客は誰でも無料で利用できます。

f:id:minimal1991:20190717103507j:plain
f:id:minimal1991:20190717103514j:plain

コーヒーマシーン、お水、オレンジジュース、アイスコーヒー、ビスケットがありました。有料でアルコールも注文できるらしいです。

ラウンジから中庭にでられます。

残念ながら天気が悪く、こちらで寛ぐことはできませんでした。週末ですが、ラウンジは混みあうことなく快適でした。

夕食は同じビル内のお店へ。

www.minimal1991.com

カフェ&バーラウンジ セレクロワ

夜に1Fのラウンジに行ってみました。テーブル席の他にカウンター席もあります。ホテルのラウンジなのでそこそこ明るく、街のバーのような雰囲気はありませんが、入りやすいです。カクテルは900円台、フレッシュフルーツを使ったものでも1,500円以下だったと思います。

自分でもたまに作るモヒートを注文してみました。ラムの味が濃くてミントもたっぷりの本格的なカクテルでした。お通しでスナックもいただけました。「東京のホテルのバーラウンジなんて、サービス料やチャージが高いんだろうなあ、飲み物代プラス1,000円ぐらいかな、もっと高いかな?」と思っていたらまさかのチャージなし!!これにはびっくりしました。本当に2杯で1,800円だけを支払いました。夜のアフタヌーンティーを楽しむ女子会や、仕事しながらビールを飲んでいるお客さんもいましたが、週末なのにとても少なく空いていました。ここは穴場なんですね。

お部屋に戻りました。

f:id:minimal1991:20190717103553j:plain

ビルとビルの間から東京タワーが見えます。画像が荒いですが、スマホではこれが限界です。24時に消灯するのかと待っていましたが、現在は明け方までライトが点いているんですね。

朝食 セレスティンダイニング ラ プルーズ東京

朝食は1Fのレストランでいただきます。ビュッフェ形式です。和洋あります。

ミニバーガーは自分の好きな具材を挟めるのですが、目玉焼きと豚肉はその場で焼いていただけて、焼き立てが挟めます。ほかにもパンはいろいろな種類あり、メゾンカイザーのものらしいです。写真の他には丸いパンを食べましたが、とてもおいしかったです。オーブントースターで温められます。

他に特徴のあるものはご飯に具をのせてスープをかける鶏飯があったり、カレーがあったりしました。カレーは結構辛かったそうです。冷たいにんじんスープがおいしかったなあ。デザートにはフルーツとわらびもち、プリンがありました。

お客さんはそこそこいらっしゃいましたが、待ち時間もなく、ビュッフェ台もストレスなく取りに行けました。

久々のシティホテルの滞在でしたが、東京とは思えないほど空いており、ゆっくりできてとってもよかったです。