sometimes

旅などの記録

旧軽井沢KIKYOキュリオ・コレクションbyヒルトンでランチ


軽井沢方面に小旅行に行ってきました。

旧軽井沢ホテルという老舗ホテルがあり、エルボスコなどのアゴーラがリニューアルしました。そのときのお部屋のインテリアが個人的にツボで、行きたいなあと思っていました。

f:id:minimal1991:20180918111515j:plain

f:id:minimal1991:20180918111512j:plain

(以前の旧軽井沢ホテルの写真・楽天トラベルより)

青みがかったライトグレーにベージュ、落ち着いたイエローやパープルがさし色ではいる感じ。しかし結構なお値段にもかかわらず、口コミがあまりよくないものもあり躊躇していたら、今年ヒルトンにリブランドしてしまいお部屋のインテリアも少し変わってしまいました。うーん、行きたいときに行っておくべきでしたね。

ヒルトンも宿泊は結構なお値段なのですが、ランチは手が届きやすいということで、ランチにうかがうことにしました。

【公式】旧軽井沢KIKYOキュリオ・コレクションbyヒルトン

f:id:minimal1991:20180918105130j:plain

ロビーはこのような感じです。家具はリブランド前と変わっていないようです。

f:id:minimal1991:20180918105137j:plain

f:id:minimal1991:20180918104957j:plain

この豚さんテーブルはスウェーデンの家具だそうです。

レストランに入ると、三連休なのですがなんと私たち一組だけ。結婚式がはいっているとのことで、個人のレストラン客はあまりとらないのか、空いているのか?とにかく穴場でした。そのあともう一組来られましたが、かなりゆっくり食事できました。

f:id:minimal1991:20180920120958j:plain
天気がよく中庭の緑がきれいです。チャペルが見えました。

f:id:minimal1991:20180918104756j:plain

お品書きはイノベーティブ系によくある、内容が分からないメニューです。

グラスワインも泡、白(3種)、ロゼ、赤(3種)とそろっていました。ロゼをいただきました。白っぽい味だったなあ。価格は1,300~2,000円(サ税別)ぐらいです。

f:id:minimal1991:20180918104803j:plain

Un Partition 生ハムのフィナンシェ、黒オリーブのサブレ 箱にはいってセッティングされていました。

f:id:minimal1991:20180918104744j:plain

プレリュード 写真は2人分です。ブーダンノワールをパリパリにしたもの。カリフラワーのムースの上にアナゴ。これはおいしかったです。

f:id:minimal1991:20180918104739j:plain

ひまわりの種いり、カントリーパン。ニースのオリーブオイル

f:id:minimal1991:20180918105021j:plain

信濃国 古今東西 サーモンのミキュイ、なすピューレのせ、マスカルポーネソース、ハーブ、山椒パウダー

どうしてタイトルが古今東西なのか説明されましたが、覚えられませんでした(笑)今まで食べたミキュイ的なものの中では火が通っているほうでしたが、それがちょうどよくておいしかったです。

f:id:minimal1991:20180918105014j:plain

メインはお肉かお魚から選びます。

香味のカルテット 大町の黒豚

こちらも見た目は火が通りすぎでは?と思いましたが、柔らかく食べられました。おいしかったです。ソースはテーブルにてサービスされました。

f:id:minimal1991:20180918105008j:plain

無花果 咲く イチジクの白い花をイメージしたとのことです。刺さっているのはメレンゲ、イチジクのコンポート、ヨーグルトアイス。さっぱりとおいしかったです。

コーヒー、紅茶がいただけます。さすがにプチフールはありませんでした。

お値段は4,500円(サ税別)です。お店の雰囲気、景色もいいですし、サービスも丁寧、見た目も美しく、味もよかったので、コスパは悪くないと思います。量は少ないですが、夕食もたくさん食べるのでちょうどよかったですね。

 

この後は雲場池

minimal1991.hatenadiary.com