sometimes

旅・グルメなどの記録

創作料理 門(和食)@富山県富山市


創作料理 門(富山県富山市)

以前、高岡市戸出にあったお店が、富山市の南富山駅の向かいに移転されました。

掘りごたつの座卓が2ヵ所、テーブル席が1か所とカウンター席です。以前のお店のような個室はないようです。

コースは6,000円、9,000円、12,000円(税別)です。夜の営業のみでランチは要問合せのようです。今回は6,000円のコースをいただきました。日本酒、ビール、グラスワインもあります。ソフトドリンクの種類は減ったような気がします。

 

<先附>生ハムとイチジクのサラダ

f:id:minimal1991:20191111151440j:plain
f:id:minimal1991:20191111151452j:plain

イタリアの生ハムとイチジク、レタス、丹波しめじのサラダ、柿のドレッシング。「柿本体もスプーンでほじって食べていいですよ 」とのことでしたが、固くて無理でした。見た目も秋らしくて素敵です。最近、ちょっといいお店に行くと必ずイチジクがいただけます。旬なのかな。

 

<凌ぎ>カマスの棒寿司

f:id:minimal1991:20191111151507j:plain

炙ってあるカマスはとっても脂がのっててすっごくおいしかったです!わさびも静岡の本わさびで辛すぎず爽やか。

 

<椀>ごぼうと蕪入り真薯

f:id:minimal1991:20191111151520j:plain

上にのっているのは新湊産の本ずわい蟹だそうです。これから蟹の季節ですね。真薯はふわっふわ、お出汁もとってもおいしかったです。

 

<揚げ物>春菊と白海老 椎茸

f:id:minimal1991:20191111151531j:plain

白海老は殻をむいてありました。殻ありでクリスピーなからあげもおいしいですが、殻なしだと柔らかくふわふわでおいしかったです。しいたけも少しですが分厚いものでした。お塩は能登の珠洲産だそうです。

 

<造里>キツネガツオ、アオリイカ、平目

f:id:minimal1991:20191111151543j:plain

全て氷見産だそうです。富山でも鰹ってとれるんですね。とっても上品で食べやすい鰹でした。アオリイカは細かく包丁が入っており、ねっとりしてとってもおいしい。隠れていますが、平目もおいしかったです。

 

<小鍋>氷見牛の肩肉

f:id:minimal1991:20191111151607j:plain

アツアツグツグツで登場。牛肉、豆腐、ねぎ、水菜、丹波しめじがはいっています。おいしくてお出汁も飲み干しました。

 

<焼肴>アトランティックサーモンの白ワインソテー

f:id:minimal1991:20191111151623j:plain

そろそろお腹がふくれてきました。サーモンは分厚くて脂がのっておいしかったです。ズッキーニと万願寺唐辛子が添えてあります。ソースは卵を使った自家製マヨネーズ風。

 

<お食事>香箱蟹の雑炊

f:id:minimal1991:20191111151635j:plain

こちらのお店のお食事はお茶漬けだったのですが、今回は雑炊になりました。土鍋を持ってこられてテーブルでサーブしていただけました。お味はさっぱりとおいしかったです。

 

<デザート>クレームブリュレ コーヒー

上にのっているのはりんごのスライスです。カラメルが少々分厚いですが、おいしいクレームブリュレでした。コーヒーがいただけます。

移転のためしばらく休業されていましたが、相変わらずどのお料理もおいしかったです。また行きます。こちらのお店がおいしすぎて、他のお店でがっかりすることが多く困っています(笑)

 

 

www.minimal1991.com

 

 

www.minimal1991.com