sometimes

旅などの記録

東京一人旅 その3 ファーストキャビン日本橋よこやま町

今回の宿泊先は悩みましたが、以前から興味があったカプセルホテルに泊まることにしてみました。東京では狭いビジネスホテルでも1万5千円以上はしますし、なによりちょっと興味があったので、試してみることにしました。

ランチの後、今回の目的の観劇を終えて東京駅へ戻り、荷物を回収して総武線で馬喰町へ。「ばくろ」と読むんですね、初めて知りました。東京駅から総武線で2駅4分と、とても近いです。つながっている馬喰横山駅のA1出口をでたらすぐにあります。1Fがカフェバー、チェックインカウンター、ラウンジになっています。

f:id:minimal1991:20180218090715j:plain

ファーストキャビンはチェックインが17時からです、このあたりも普通のホテルとは違うのですね。チェックインで前払いをして、ヘッドホンを借りて部屋へ。フロアはもちろん、エレベーターも男女別になっており、女性用のカードキーがないと動かない仕組みになっています。1階以外では男性客に会うことはないので、室内着やすっぴんでも安心です。

f:id:minimal1991:20180218090651j:plain

f:id:minimal1991:20180218091921j:plain
f:id:minimal1991:20180218091236j:plain

ファーストキャビンは通常のカプセルホテルとは違い、上下2段になっていないので、高さに余裕があり、広いです。ベッドの上に問題なく立てます。私の部屋はビジネスクラスで、ファーストクラスだとベッド以外にテーブルのあるスペースがあるようです。テレビは入口側の頭上にあります。テレビの音声はヘッドホンで聞きます。(壁にヘッドホンのミニジャックを刺します)

f:id:minimal1991:20180218091227j:plain
f:id:minimal1991:20180218091913j:plain

持ち物は鍵のかかるボックスに入れ、鍵は常に持ち歩きます。もちろんWi-Fiもあります。部屋は鍵がかからず、ドアもなくロールカーテンのみです。ライトは調光できるタイプです。

みなさん静かにはしていますが、足音やロールカーテンの上げ下げの音はどうしても聞こえます。静かだけど、他の人の気配はするというのは、感覚としてはブース型の漫画喫茶のような感じです。ビニール袋のガサガサ音もけっこうするので、荷物の整理は早い時間にすませたほうがいいかもしれませんね。気はそれなりに使います。自分もヘッドホンをしてしまえば、他のお客さんの細かな音は気になりません。

歯ブラシ、室内着、バスタオル、フェイスタオルなどアメニティはホテル並みに充実しています。洗面所や大浴場にはメイク落とし、化粧品、乳液などもそろっています。ドライヤーはもちろんですが、ヘアアイロンもありました。

同じ階に洗面所とトイレがあります。清潔で数も多いので、混んでいて使えないということはありませんでした。

混むのが嫌だったので、早速大浴場へ。カプセルホテルには珍しく、時間ごと男女入れ替えなどではなく、女性専用の大浴場があるのでいつでも入れます。脱衣所には鍵のかかる貴重品ロッカーがあり、自分の部屋のボックスの鍵や、ケータイ、財布、めがねぐらいなら入る大きさでした。

f:id:minimal1991:20180218091930j:plain
f:id:minimal1991:20180218090656j:plain

大浴場に自動販売機がありましたが、良心的なお値段でした。
お風呂は洗い場が5か所、湯船も10人ぐらいは入れそうでした。貸切状態でゆっくり入れました。シャンプー、リンス、ボディーソープも備え付けられています。

私は2食付きプランで予約していたので、室内着ではなく、また服を着て1Fのカフェバーへ。

f:id:minimal1991:20180218091033j:plain

2食付きプランは夕食に880円分のお食事と480円のドリンクがついています。なぜ中途半端な880円なのかというと、ピザやパスタなどが880円だからのようですね。他にステーキ丼などもありました。

スパークリングワインとおつまみに白レバーペーストを頼みました。

f:id:minimal1991:20180219142756j:plain
f:id:minimal1991:20180218091013j:plain

ピザやお肉料理と迷いましたが、ミートソースパスタを注文しました。

f:id:minimal1991:20180218091003j:plain

結構な量があり満足しました。土曜日の夜でしたが空いており、快適でした。支払いは白レバーペーストの分だけ、しかも宿泊者は20%オフなので、380円のみで済みました。

その後、近所のミニストップへ。北陸はミニストップがないのでソフトクリームを食べてみたかったのです。

f:id:minimal1991:20180219143147j:plain

調子にのってプリンパフェにしてしまいました。ソフトクリームもプリンも美味しかった!店員さんにはレジもしてパフェまで作って申し訳ないと思ってしまいます。少しですが、店内に食べるスペースもあるんですね。

ちなみにこちらのホテルの周りには、松屋吉野家デニーズ、日高屋や居酒屋などあり、繁華街ではありませんが、飲食店には困りません。コンビニもデイリーヤマザキミニストップ、ローソンなど近くにあります。部屋の中は飲食禁止なので、買ってきたものを食べる場合は1Fラウンジになります。

f:id:minimal1991:20180218090645j:plain
f:id:minimal1991:20180218091043j:plain

このラウンジおしゃれなんですが、席が少ないように感じました。しかし、特に混みあうようなこともなかったので、皆さん夕食は外で済ませてきているようですね。電話、会話ももちろん部屋では禁止なので、ラウンジですませることになります。

部屋に戻り、ちょっと寒かったのでなんと2回目の大浴場へ。温泉宿に来ているみたいです(笑)22時半頃で、夕方よりもお客さんはいましたが、混みあうというほどではなく、快適でした。

体も温まり、寝落ちする直前までヘッドホンをしていて、眠くなってから外してすぐ寝たので、耳栓とアイマスクは持参してきていましたが、使いませんでした。いつもと同じような時間にぐっすり眠ることができました。耳栓は希望すれば無料でもらえるようです。

 

いつもと同じ6時間ぐらい熟睡できました。身支度をして1Fへ行き、朝食を頂きます。スープのみ店員さんが渡してくれて、あとはセルフサービスです。朝食付きプランでない方でも600円で食べられます。外から食べに来られているお客さんもいました。

f:id:minimal1991:20180218091246j:plain

またしばらく部屋でゆっくりして、9時半頃チェックアウトしました。

初めてのカプセルホテル体験でしたが、とっても快適でした。立地にもよるのかもしれませんが、騒いだりマナーの悪いお客さんはいませんでした。思い返してみると、女性客は皆さん若い女性でした。年配の女性は「女がカプセルホテルなんて!」という思いがあるのかな?そもそもこのようなカプセルホテルは、ネットで知ってネットで予約するのが一般的だからでしょうか。皆さん一人で来ていますし、ほとんどが私と同じようなライブ、イベント、観劇のための上京かなと思います。平日だと出張の方もいるんでしょうか。

料金は2食付き6,400円でした。もちろん日によって前後します。今回は土曜日です。同じ日、素泊まりの場合は4,800円でした。

普通の天井の低いカプセルホテルはともかく、ファーストキャビンはまた一人旅の機会があったら、利用してみたいなと思います。