sometimes

旅・グルメなどの記録

信州美ヶ原温泉 百日紅の宿 丸中旅館


信州美ヶ原温泉 百日紅の宿 丸中旅館【公式サイト】

山梨への前泊として長野県で探していました。美ヶ原温泉には行きたいなあと思ってチェックしているお宿がたくさんありますが、どこも満室。空いていたのが丸中旅館です。口コミをチェックしたところ、よさそうなので予約しました。

 

館内とお部屋

美ヶ原温泉のお宿が並んでいますが、普通の住宅街という感じです。

建物は古いですが、清掃は行き届いており、不潔な感じはしません。館内は階段状になっています。

旅館の名前にもなっている百日紅(さるすべり)の木です。

予約したのは離れの「竹葉」です。渡り廊下を通って行きます。ドアのライオンが昭和です!!

f:id:minimal1991:20190507160603j:plain
f:id:minimal1991:20190507160607j:plain

旅館の離れというより民家っぽいです。

和室とベッドの部屋があります。

広縁に机と椅子、右手に洗面、左手にトイレがあります。中庭が望めます。

トイレは洋式ですが、ウォシュレットはありません。昭和なタイルのトイレでした。食事処のトイレはウォシュレット有でした。トイレの扉の幅が狭くてびっくりです。部屋のお風呂は使えません。

f:id:minimal1991:20190507160347j:plain
f:id:minimal1991:20190507160343j:plain

廊下に冷蔵庫があります。有料ドリンクがはいっています。持ってきたものも入れられます。

f:id:minimal1991:20190507160333j:plain
f:id:minimal1991:20190507160618j:plain

浴衣、羽織、歯ブラシ、男性にはカミソリ、女性にはシャワーキャップがありました。足袋はありません。バスタオル、ボディータオルはあります。

f:id:minimal1991:20190507160352j:plain

お着き菓子はくるみ餅でした。緑茶のティーバッグと保温型の電気ポットがあります。冷水ポットはありません。Wi-Fiはばっちりつながりました。鍵は時代を感じるスタイルのものが一つです。

f:id:minimal1991:20190507160338j:plain

中庭には鯉もいましたよ。

お風呂

お風呂は源泉かけ流しです。加温、消毒はしているそうですが、匂いはしませんでした。内湯が2つあり、男女入れ替え制です。小さいほうのお風呂は狭く、洗い場と湯船が近く、体を洗うのに気を使います。洗い場は3つぐらいしかないです。洗髪は広いお風呂のときにするほうがいいでしょう。

お風呂小 写真は公式HPより

f:id:minimal1991:20190508110017j:plain

日中と朝は大きいお風呂が男湯、小さいお風呂が女湯、夜は大きいお風呂が女湯、小さいお風呂が男湯でした。大きいお風呂は客室から見えてしまうんです。なので、女湯のときの夜はカーテンを引いて入浴します。女性が明るいうちに外を見ながら大きいお風呂にはいるのは難しいようですね。宿泊の人数によって入れ替えとのことなので、お客さんが全員女性の日なら可能かも?

お風呂大 写真は公式HPより

f:id:minimal1991:20190508110020j:plain

お湯は無色透明で、温度もちょうどよかったです。小さいお風呂のほうが少し熱かったです。特に大きいお風呂は昭和を感じるモザイクタイルで、壁もタイルで絵になっていました。今の時代に同じことをするにはすごくお金がかかりそう。時代は感じますが、清潔にされておりすごい努力を感じます。

お風呂にはリンスインシャンプーとボディソープ、石鹸があります。シャンプーなどは用意しておいた自分のものを使いました。

夕食

夕食はお食事処でいただきます。18時からにしました。最初にほとんどのお料理が用意されています。グレードアッププランです。ドリンクは瓶ビール、ワインはボトルのみです。日本酒は問い合わせればいくつかあるようですが、今回は頼まなかったので分かりません。

食前酒は地元ワイナリーの赤ワインです。前菜はおいしかったですが、説明がありませんので、よく分からないものもありました。岩魚は冷たくはないですが熱々でもないので、はやく食べないとと思い、あせります。

あまり馬刺しを食べた経験がないので分かりませんが、くせも生臭みもなく食べられました。

蟹の酢の物 おいしいですが手間もかかりそうだし、地元産の野菜の酢の物でいいのではと思ってしまいます。

グレードアッププランの信州プレミアム牛です。しっかりめに焼いても柔らかくておいしかったです。

前菜を食べ始めてすぐに山菜のお吸い物がやってきました。お出汁は濃いめでおいしいです。いろんな種類の山菜がはいっています。

前菜が食べ終わらないうちにお蕎麦がきました。「のびるので早めに食べてください」とのことです。おつゆは甘かったですが、蕎麦が細くて食感よくおいしいです。手打ちとのことです。

岩魚とお吸い物は温かいうちに食べたいし、蕎麦はのびないうちに食べたいし、お肉は固形燃料の火があるうちに焼かなきゃいけないしでパニックです(笑)それらを優先しつつ、間に前菜や酢の物、馬刺しを食べました。

最後はテーブルごとの釜飯です。勢いで完食できました。

デザートは手作りアイス。ヨーグルトっぽい味がしました。

お味はそれぞれおいしかったんですが、一気にだされるのであせります。夕食は1時間弱で終わりました。空いているときはまた違うかもしれませんね。

お食事処は衝立もなく、すぐ隣に他のお客さんがいるので居心地はあまりよくないです。同じ時間開始のお客さんは席を離れてセッティングするなどの配慮があればよかったなと思います。このあたりは人によって感じ方が違うとは思います。

朝食 

朝食もお食事処です。夕食時と部屋は違いました。朝食時のほうが他のお客さんとの間に余裕がありました。 

リンゴジュース、ハム入りサラダ、鮭、卵焼き、梅ゴボウ、山芋のおかかのせ、フキの煮物、お漬物、蕗の薹味噌、わさびのり、お味噌汁、ご飯です。

ご飯はおかわりしたければ、スタッフの方がジャーからよそってくれます。お櫃じゃなくて安心ですね。シンプルですが、おいしい朝ごはんでした。

 

今回の宿泊料は一人13,500円でした。GWでも値段があまり変わっていないようなのでありがたいです。お部屋やプランによっては1万ぐらいで2食付きで泊まれるようです。かけ流しの温泉に入れて、ご飯も美味しいし、お得なお宿でした。

 

温泉好きのお湯のゆうさんも訪問されてました。

www.onsen-oh-yu.com

 

 

 近くの素敵な観光スポットです。

www.minimal1991.com