sometimes

旅などの記録

四季の郷 喜久屋 夕食・朝食


夕食はお部屋のダイニングでいただきます。時間は18時を選びました。15分前ぐらいにお部屋に準備をされに来られます。お料理は標準プランで予約しています。

始めは食前酒(白加賀梅酒)、山菜盛り合わせ、前菜盛り合わせがセットされました。

f:id:minimal1991:20190706093622j:plain

お酒は新潟なのでたくさん日本酒の種類がありました。ワインもグラスで赤、白、その他ボトルとハーフボトルもありました。他には梅酒が充実していました。

f:id:minimal1991:20190706093630j:plain

山菜盛り合わせ

上・左から 野萓草(のかんぞう)とかきのもと(食用菊)、こしあぶら
中・左から あさつきとほたるいか酢味噌、赤こごみ、ふきのとう
下・左から クレソンからし和え、山人参白和え 

山菜がメインのお宿なので、最初にして本日のメイン料理です!!それぞれ白和えや辛し和え、味噌漬け、お浸しなど味がついてますが、どれもいいお味です。食感は全部シャキシャキしてとっても美味しいです!!赤こごみが一番歯ざわりがよくて好きです。味は濃くないですが、おいしくてお酒がすすみます。 

前菜盛り合わせ

黒梅貝旨煮、鰆チーズ巻き、ふきのとうエビ真薯
春鱒けんちん巻き、蛸柔らか煮、わらび一本漬け
鮭の酒浸し

蛸はその名の通り柔らかくておいしいです。わらびも味がしっかり染みているのに、歯ざわりはしっかりあってすごいです。どれも手が込んでいます。

豊栄産出島ジャガイモスープ

温かいじゃがいものスープです。濃厚でとてもおいしいです。

f:id:minimal1991:20190706093638j:plain

お造り

鏡鯛、カンパチ、平目
刺身醤油、だいだい白ポン酢、魚醤

日本海側なので、お刺身はおいしいと思ってましたが、田舎の分厚くて新鮮な刺身がどーん!(大量)ではなく、上品な量なのですが、すごーくおいしいです。特に白身がおいしい。熟成されているのか、もっちりとしてすごく旨味を感じました。スポンジみたいなものははす芋の茎だそうです。

自家製胡麻豆腐

普通の胡麻豆腐よりやわらかく、濃厚でおいしかったです。

関川産 あさひ豚 陶板焼き

陶板の写真を撮るのを忘れてしまいました。お腹がふくれつつあったので、ちょうどいい量でした。お野菜はバターで焼きます。

山菜甘酢漬け 

ヤマウド、アサツキ、ツクシ、イタドリ、カンゾウ

甘酢漬けになっていますが、歯ざわりはシャキシャキ!お腹がふくれていましたが、すごくおいしかったです。 

f:id:minimal1991:20190706093645j:plain

山菜と春野菜の天ぷら

筍、そら豆、ニワトコ、山人参、祝蕾(しゅくらい)

サクサクに揚がってとてもおいしかったです。祝蕾がみずみずしく、不思議な食感でした。

f:id:minimal1991:20190706093651j:plain

こしあぶらごはん(関川産こしひかり) お味噌汁 香の物

こしあぶらのはいったご飯はさっぱりとおいしかったです。お味噌汁にはお魚がはいっていました。赤味噌なんですね。

f:id:minimal1991:20190706093658j:plain

ふきのとうアイス ふきのとうシフォンケーキ 地元産ブランドのいちご

ふきのとうアイスは少しの苦みが甘さとちょうどよく、おいしいです。ブランド名は失念しましたが、地元産のいちごがとても大きくて甘くておいしかったです。こんな高級ないちごは初めて食べたかも。ふきのとうシフォンケーキも手作りだそうです。

楽しみにしていた山菜はもちろんですが、全体的にレベルが高く、どのお料理もおいしかったです。私の好みではありますが、今まで泊まった中の温泉宿で一番おいしいです。素材がいいのはもちろん技術も和食専門店と同じで、素晴らしいと思います。山菜メインということで、量は大したことないかなと思っていましたが、すごくお腹いっぱいになりました。

お部屋出しでしたが、配膳のペースもよく、仲居さんの接客も押しつけがましくなくよかったです。すごくいい意味で仲居さんというよりスタッフさんという感じです。お客さんの好みもあると思いますが、べらべらしゃべりかけてくる仲居さんが苦手なので。もちろん聞いたことにはしっかり答えていただけました。

 

朝食です。8時半を選びました。大きいご飯のお釜とお味噌汁の鉄鍋です。ごつい鍋のおかげで、お味噌汁は保温されてました。

朝もおかずがたくさんあります。ふきのとう味噌がおいしかったです。(中段右)地元のハムもおいしかったです。朝も山菜のおひたしがあってうれしいですね。

温泉卵は双子の卵だそうです。お味噌汁はせきかわ汁といって、つぶした豆を乾燥したものがはいっていました。ご飯はもちろん地元のこしひかりです。

湯豆腐です。地元の立派な椎茸もはいっています。

デザートは豆乳寒天とオレンジです。ドリンクは牛乳、オレンジジュース、安田ヨーグルトから選べます。私はヨーグルトを選びましたが濃厚でおいしかったです。

朝食も地元のこだわりの食材が多く、とってもおいしかったです。ご飯もお味噌汁もおかわりしました。

チェックインは14時、チェックアウトは11時です。(公式HPからの予約)11時ぎりぎりまでゆっくりさせてもらいました。11時アウトはありがたいですね。ご飯はお部屋出し、共同風呂も1回しか行かなかったので、ほとんど他のお客さんと会いませんでした。最高のおこもり宿ですね。館内のラウンジやパブリックスペース、催しものはありませんが、お茶を飲んでお風呂に入っていたらあっという間に夕食の時間になってしまいました。まわりが紅葉の名所らしいので、季節をかえて再訪してみたいです。

 

www.minimal1991.com

 

渡邉邸は必見です!

www.minimal1991.com

 

www.minimal1991.com