sometimes

旅などの記録

金沢犀川温泉 川端の湯宿 滝亭 その3 夕食


その2はこちら

minimal1991.hatenadiary.com

 

夕食は6時からを選びました。チェックインして、部屋の写真を撮って、ラウンジでドリンクを一杯飲んで、大浴場に行ってお風呂にはいったら、もう5時すぎ。あっという間に夕食です。夕食は区切られたお食事処でいただきます。

夕食は予約時、3グレードぐらいあったのですが、真ん中のものをお願いしました。

西日がすごくて写真が分かりにくく申し訳ありません。ピンク色の食前酒はブルーベリー酒です。前菜はスタンバイされていました。

f:id:minimal1991:20180715205641j:plain

ウニの殻の中に茶わん蒸しのようなものがはいっていて、ウニやサザエがのっています。

f:id:minimal1991:20180715210058j:plain

タコとトマトのじゅんさいゼリー掛け、能登牛ローストビーフでいんげんをまいたもの、とうもろこし真薯、白瓜雷干し、手毬寿司、甘えびほやこのわた和え(ほおずきの中身、開けていなくてすいません)

f:id:minimal1991:20180715210050j:plain

前菜はどれも手が込んでいておいしかったです。こちらのお料理いい!!と確信しました。

能登南京すり流し とろ湯葉いり

f:id:minimal1991:20180715210040j:plain

お餅のように分厚い湯葉がはいっていました、初めて食べました。

 

写真を撮るのを忘れてしまいましたが、このあとお造りがでました。スズキ、マグロ、カンパチ、甘エビ、イカなどです。どれも新鮮でおいしかったです。旅館のお刺身っておいしくないことのほうが多いですが、こちらのお刺身はおいしくて感動しました。

庄川産小鮎の塩焼き 

f:id:minimal1991:20180715210029j:plain

いい焼き具合で頭も骨もまるごと食べられました。添えてあったオリーブの味噌和えがおいしかった。オリーブってお味噌にもあうんですね。

加賀蓮根のがんもどき

f:id:minimal1991:20180715210018j:plain
f:id:minimal1991:20180715210415j:plain

九谷焼のお椀がかわいいです。がんもどきというより真薯のような感じ。

冬瓜といちじくの蟹あんかけ

f:id:minimal1991:20180715210405j:plain

いちじくの見た目が焼きなすのようです。食べるといちじくだから甘いので脳がバグります。

能登豚のグリル 特製胡麻ソース

f:id:minimal1991:20180715210350j:plain

 能登豚よりえびや夏野菜のほうがおいしかったかな。もうお腹いっぱいです。

鱧の梅酢かけ

f:id:minimal1991:20180715210333j:plain

酢の物がわりに一口程度かな?と思いきや結構なボリュームがありました。鱧4切れぐらいあったと思います。鱧はもうちょっとふんわり感がほしかった。

 お食事 金沢のこしひかり、お味噌汁、じゃこ、香の物

f:id:minimal1991:20180715210321j:plain

ごはんがすごくおいしかった!特に説明はありませんでしたが、土鍋炊きかな?じゃこも山椒がきいてておいしかったです。

冷やしぜんざい、季節のフルーツ

f:id:minimal1991:20180715211602j:plain

ぜんざいのゼリー(?)なども手が込んでいました。

 

旅館の懐石料理風のお食事ってだいたいおいしくないので、いつも期待していないのですが、滝亭さんの夕食は和食専門店レベルにおいしかったです!特にお造り、鮎の塩焼き、ごはんはレベル高かったです。このような懐石料理風の旅館のお食事の中では今までで一番おいしかったです!おすすめできます。

 

その4はこちら

minimal1991.hatenadiary.com