sometimes

旅などの記録

大地の芸術祭(新潟県)

大地の芸術祭2018 里山アートどうぶつ園(川西地区)裏側の物語・Repetitive objects(十日町地区)その6 まとめ

その5はこちら minimal1991.hatenadiary.com 暑さで疲れながらもナカゴグリーンパークという公園へ。こちらでは里山アートどうぶつ園といういろいろな作家による動物をテーマにした作品が点在しています。 サイケなきのこ動物たち。なぞの脱力かわいい生物。…

大地の芸術祭2018 越後妻有里山現代美術館キナーレ(十日町地区) その5

その4はこちら minimal1991.hatenadiary.com 朝に温泉にはいったり、暑い日だったりで午前中のうちから疲れてしまいましたが、なんとか中心施設のキナーレへ。目玉作品のレアンドロ・エルリッヒ「Palimpsest: 空の池」です。 水面に建物が映っているように見…

大地の芸術祭2018 ブラックシンボル・雪の家・Lost Winter(松之山地区) その4

その3はこちら minimal1991.hatenadiary.com 宿をチェックアウトし、すぐ近くにあるサンティアゴ・シエラ「ブラックシンボル」へ。近くで見るとすごーく大きいですよ。 次は雪アート・新潟ユニット「雪世界」へ。新潟在住の作家さん達の作品だそうです。古民…

大地の芸術祭2018 ペリスコープ/ライトケーブ(中里地区)ワープクラウド(津南地区) その3

その2はこちら minimal1991.hatenadiary.com 今回の新作の目玉がマ・ヤンソン/MAD アーキテクツ「ペリスコープ/ライトケーブ」です。混雑しており、そこへ向かうのに渋滞がひどいとの情報もありました。今回の芸術祭後も残るそうなので、今回はやめようかな…

大地の芸術祭2018 影向(ようごう)の家・黄金の遊戯場・SF (Summer Fiction)(松代地区) その2

その1はこちら minimal1991.hatenadiary.com まつだい農舞台を出発して、大巻伸嗣「影向(ようごう)の家」へ。こちらは前回の芸術祭のとき、大行列で泣く泣く諦めたところです。今回は待ち時間なくはいれました。 古民家をまるまる使った展示です、ネタバレ…

大地の芸術祭2018 まつだい農舞台 その1

大地の芸術祭に行ってきました。 「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」とは 「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」は、過疎高齢化の進む日本有数の豪雪地・越後妻有(新潟県十日町市、津南町)を舞台に、2000年から3年に1度開催されてい…